東京のゲストハウスは外国人観光客に大人気。

ゲストハウスというと皆さんは、お客様をお迎えするお部屋ということを連想するでしょう。
それは当然です。
この携帯の旅館形式は昔からあって、外国人などには大変人気なのです。
旅館と同じで、お客様を宿泊させますが、旅館のようなサービスはありません。
個室もありますが、大部屋で二段ベットを並べていて、布団は自分で敷いて、食事も自分で作るか、食べに行くかです。
大変リーズナブルな価格であることが、このゲストハウスの最大の魅力で、東京に観光旅行に来た外国人には大変人気があります。
一泊3000円か2000円という宿泊料金は、寝るがけといった感じで、何かシェアハウスに似ていますが、シェアハウスは借家法、ゲストハウスは旅館業法が適用されます。
またゲストハウスは長期の宿泊は、賃貸住宅に似ていて、その長期宿泊もできます。
その場合は、礼金や敷金など必要なく、また入居に対しての審査も必要ありません。
しかし1ヶ月以上滞在するなら90000円くらいはかかってしまいます、それであればシェアハウスのほうがずっと有利ではないでしょうか。
東京の浅草界隈にはこのようなゲストハウスがたくさんあります。
日本人であっても、自由度が高く安く泊まれる部屋で、浅草観光をするのもいいのではないでしょうか。シェアハウス・ゲストハウスのオークハウス