専門医になるための研修医

シニアレジデントという言葉をご存じでしょうか。
シニアレジデント、または後期研修医のことをいいます。
研修医は、専門医学を高めるために、二年間の臨床研修医を終了した後に、3年から5年の歳月をかけてシニアレジデント、として専門医学を学ぶのです。
東京医科大学では、整形外科の教育プランとして、後期研修システムを構成しています。
プランとしては、専門医収得社会人大学院コースというものがあります。
ここでは、五年目にして日本整形外科専門医試験を受けることができるのです。
それまでの過程では、基本的な整形外科で行う診察と治療や、救命救急センターでの高度な外傷にたいしての救急処置や手術などを行い、学んでいきます。
そして、研究面では、臨床症例に関する学会発表などを行います。
さらに、年数が経てば、専門医の資格を持つ医長より指導を受けながら病院での外来の処置や検査に手術を行い、さらに年数を重ねていくと、専門知識や診療技術に手術技能を高めるため、整形外科関連の医療技術を習得していくのです。
尚も深めていくために、さまざまな研究をしていきます。
この過程を修了した後は、高度医療の技術を持った医師になるのです。
専門性を高めるために海外留学もできます。