インテグラルインベストメントは中長期の投資を得意としています

2011年、未曾有の震災で混乱を極めていた日本に、
ある世界的な投資家が降り立ちました。
そして、今こそ日本に投資するべきだと言ったのです。
そうして、3年後を見るとどうでしょう。
見事にその意見を裏付けるように株式市場は活気を呈しています。
投資というと目先の利益ばかりを目指すものだと思われがちですが、
この世界的な投資家のように中長期を見据えた投資ができるものが、
投資の世界で生き残るのではないでしょうか。
そして、日本でそのような中長期での投資を行っているのが、
インテグラルインベストメントです。
しかも投資の対象は中堅メーカーや中小企業です。
技術があるのにもかかわらず大きく発展できずにいる会社です。
そこに投資を行い、
新たな価値を見つけるというのが流儀のようです。
それは、期せずしてかの世界的投資家と同じ流儀です。
しかも事業継承などもバックアップしているのですから、
これからの日本になくてはならない投資を行っているということができそうです。