大きなやりがいとバランスの取れた休暇

ネイリストのやりがいとして挙げられるのは「人との出会い」です。
どのような女性であっても美容に興味があるため、ネイルサロンには様々な境遇や職業の女性が訪れます。
そのため、その女性との会話には話題が尽きません。
好きな人との初デート前だからとびっきりのおめかしをしたいという人や、明日は結婚式だからドレスに合わせてネイルをしたいという人まで様々です。

また、やりがいについては収入についても語らなければいけません。
ネイリストの給与は歩合制を採用していることがあるため、指名が増えれば増えるほど沢山稼ぐことが出来ます。
また、それだけでなく店長に昇格したり独立のチャンスを与えられるなど、ネイリストとしての自分の生き方をよりキャリアアップさせることが出来るのです。
もちろん、そのためには多くの人を満足させるだけの技量やホスピタリティを持たなければいけません。

金澤幸緒はネイリストとして懸命に働いています。
顧客ファーストの接客は評価が高いですが、自分にとって負担が大きいのも確かです。
煮詰まった時には金澤幸雄はドライブで温泉巡りをします。
愛車を気ままに飛ばしながら名湯に浸かる瞬間は日頃のストレスをリセットしてくれるのです。