ドライアイとコンタクトレンズの関係

ドライアイを始めとする眼病が年々増えているのに現代の複雑化したシステムや生活様式が関係していますが、そもそもドライアイの直接の原因となるのが涙の減少によるものです。目を開いている状態が長く続けば続くほど眼の表面から水分は蒸発していきます。ドライアイにも良くない環境、つまり乾燥している環境のなかでそれが起こった場合はさらにドライアイをひき起こすリスクは高くなっていきます。まだまだドライアイに良くない条件は沢山あります、例えばフアッションの一部であるカラーコンタクトや瞳の部分を強調する特殊なコンタクトレンズの装着によるものです。これらのコンタクトレンズはそもそもの視力矯正の機能を必要としない人でもコンタクトレンズを装着するという現象を引き起こしますその結果ドライアイ人口が増える事に繋がっていくのです。コンタクトレンズの特性を熟知しないまま使用を継続するとドライアイだけではなく様々な眼病を引き起こします。