アドネットワークの進化型であるDSPの登場

昨今では、インターネットで調べ物は勿論の事、商品やサービスの情報を探す事が出来る様になり、格別珍しい事では無くなっています。
また、世界中で既に10億人以上のユーザーがいるというSNSも同じなのですが、SEO対策という検索キーワードにより検索された場合、トップページの上方の画面に表示されるようにする事で、WEBサイト訪問者の目に留まらせる技術も向上して来ました。
更には、ユーザーのWEBサイトの滞留時間や移動先URL等の分析が行える行動履歴をトラッキングデーターから解析したり等して、ユーザー動向を調査する事も出来る様になりました。
そして、アドネットワークという複数の広告配信サイト等を一つに纏めて配信するというシステムが登場し、更にはアドエクスチェンジという各アドネットワークを横断し入札するシステムも開発されたのです。
その後には、アドネットワークや前述したSEO対策技術等とクロスオーバーした形にした、DSPというものが登場しました。
これは、広告主からの入札を自動的にリアルタイムに行い、かつ広告主単位で宣伝広告を打てるシステムが出来上がったという事を意味します。
そうなれば、国内や国内から海外サイトへの膨大な数の閲覧者に対して、細かなチューニングを行えるので、ビジネスチャンスは格段に向上すると言えます。