車業界で求められる人材とは?

好調な車業界で求められる人材とは、どのようなスキルを持っている人でしょうか。
車を構成している部品は、数千から1万点と言われています。
外資系のボッシュ・ジャパンでは、数多くの部品を完成車メーカーに供給しています。
これらの部品がなければ、完成車は完成しません。
ボッシュ・ジャパンでは、どのような人物を採用したいと考えているのでしょうか。
新卒では、電気・電子、情報など技術系と経済、経営などの事務系を募集しています。
キャリアではあらゆる分野のエキスパート、若手リーダーでは9つの職務領域で幹部候補として実力を示せる人物となっています。
さまざまな応募条件を突き詰めて考えると、高い品質を実現できるエンジニアと職人技のエキスパート、プロジェクトを完遂できるリーダーといったところでしょうか。
特にボッシュグループでは、燃費の30%向上、IoT(モノのインターネット化)による快適性アップなどを目指しています。
今ある製品の価値をどのようにすれば高められるのか、新しい製法はないのかなど、新しい価値を提案できる人材を喉から手が出るほど欲しがっています。
このような人材なら、外資系の企業だけでなく、車業界のどの企業も欲しがるでしょう。
そこで、ボッシュ・ジャパンでは、社員にとって働きやすい会社になれるよう工夫しています。
目的のためなら変化を恐れないのが外資系の良さでしょう。
人材として認められるのは簡単なことではありませんが、意欲の高い方ならハドルはそれほど高くはありません。